【2022年最新】教員の派遣会社厳選6社の評判を比較&徹底解説!

学校教員の派遣会社6社のロゴ

「派遣会社に登録してみたけれど他の派遣会社にも登録したほうが良いのか?」
「派遣会社から紹介された求人と同じ学校の求人を別の派遣会社からも紹介されたけどどうすれば良いの?」

など、学校教員の派遣会社についてはネットで調べても分からないことが多くあります。

「なんとなく良さそう」「求人がたくさんありそう」「知人や友人も登録してるから」などの理由だけで登録する派遣会社を選んでしまうと本当に自分に合った派遣会社を見つけることはできませんし、自分に合っていない派遣会社だけに登録していると面接や採用の機会を逃してしまうことになります。

私立の学校教員の派遣会社は10数社ありますが、すべての派遣会社に登録しなくても今回厳選した6社を比較し登録すれば派遣会社を使っている私立学校の求人はほとんど網羅できますし、この6社以外の派遣会社に登録することで、この6社よりも大きなメリットがあることはほぼ無いので、今回は教員志望者の目的別にメリットのある6社に絞って比較します。

学校教員の派遣会社6社のロゴ

私立学校の教員採用の求人を取り扱っている派遣会社の特徴・評判を比較してチェック

まずは、私立学校の教員派遣を行っている厳選6社を簡単に紹介。
タイプ別の派遣会社を見つけるポイントや条件を説明していくので、しっかり知識をつけて教員になりたい方は、このまま読み進めて下さい。

派遣会社名評価コメント
イー・スタッフ★★★★★教員派遣の最大手、研修が充実している
キャリアビスタ★★★★無理な営業をせず、教員側に寄り添う
アイ・ティーチャー★★★★営業コストを削って派遣教員に還元
コスモ★★★歴史ある教員派遣の老舗
EMPS★★★昔は押し引きが優秀な営業力で高マッチング
教員採用.jp★★★派遣会社というより求人広告会社

教員の派遣会社の選び方のポイント

私立学校の教員になるために派遣会社を選ぶポイントは4つ

  • 最新の求人があるか
  • 希望する求人があるか
  • 派遣会社に営業力があるか
  • マージンについて

最新の求人があるか

各社のHPを見て求人をチェックしましょう。近年では、学校教員志望者が減少し、学校教員は不足傾向にあります。最新の求人が掲載されていない派遣会社は私立学校との関係性が希薄なため私立学校からの求人依頼が無いと考えましょう。

希望する求人があるか

私立学校の教員派遣を事業としていても、並行して学習塾や予備校の講師の派遣を行っている会社もあります。最新の求人のチェックの際は私立学校の教員採用の求人なのか、学習塾・予備校の講師の募集なのかをチェックしましょう。

派遣会社に営業力があるか

派遣会社の力を借りなくても教員志望の方に採用される力があれば、派遣会社に登録する必要はありません。派遣会社の営業マンが学校教員を募集している私立学校の採用担当者は求める人物に「何を求めているか」、「何を妥協できるか」を理解していれば、一般的に優秀と言われる教員だけが欲しいのではなく、受験指導に特化した教員が欲しいことや授業を成立させる授業運営ができる教員が欲しいことなどがわかります。教員の派遣会社の役割は学校の代わりに適材適所の人物を採用し、マッチングすることなので、営業力のない会社やエージェントが担当となってしまうと一向に良い求人を紹介してもらえないことになります。

マージンについて

平成24年10月1日付の「改正労働者派遣法」の施行に伴い、派遣会社はマージン率を公開することが義務付けられました。
どの派遣会社も私立学校が派遣会社に支払う金額の一部が派遣会社のマージンとなり、残りの金額が派遣教員に支払われる仕組みとなっています。
マージンは低ければ良いというものではありません。マージンのすべてが派遣会社の利益になるのではなく、派遣教員の福利厚生や研修等に充てられる費用であるため適切であるかが重要となります。

派遣会社名マージン率(備考)
イー・スタッフ29.44~33.08%2015年度派遣事業報告書より
キャリアビスタ※公式HP内で非公表
アイ・ティーチャー※公式HP内で非公表
コスモ30%2018年度
EMPS40.5~41.0%2019年3月期
教員採用.jp※公式HP内で非公表

※幅のあるマージン率は事業所別で公表している数値

タイプ別おすすめ派遣会社

どの派遣会社も私立学校の教員派遣事業を行っていますが、派遣会社ごとに特徴があるため自分に合った派遣会社を見つけましょう。

イースタッフの評判

通信教育大手のZ会傘下の教員派遣会社。求人数は2,500件・876法人の学校登録(※2019年6月現在)でまさに大手と言えるのボリュームです。
学部生・院生向けの教職員セミナーも無料で実施していて研修も充実しています。

こんなタイプの人がおすすめ

  • 私立学校の教員志望が明確な人
  • 書類選考は通るけど、面接後に不採用となってしまう人

学部生・院生向けの教員志望者向けのセミナーを行っているので、私立学校で教員になる意思が固まっている人はセミナーの受講で心構えなどを学びながら情報収集するのに適しています。
面接で不採用となる人は学校情報の勉強不足や学校の採用担当者が質問している内容に明確に簡潔に回答できていない方がほとんどです。派遣教員の求人では事前に派遣会社からどのような学校か、どのような教員を求めているか詳しく教えてもらえます。
また、私立学校での教員採用の面談・顔合わせは派遣会社の営業担当者が同席して行うため、採用担当者の質問に対して回答を間違えたり、回答に窮したときに営業担当者がフォローするため一人で面接に行くよりも私立学校の採用担当者に自分の意欲や思っていることが伝わりやすくなります。

大手の派遣会社ということで登録している教員が多いため、1名の求人に対して派遣会社内での選考に勝ち抜く必要があります。しかし、自分で私立学校の求人に応募して面接までこぎつけられるレベルの人であれば案件は多い会社のため問題ないと思われます。

キャリアビスタの評判

首都圏の私立学校の約3/4の329校(2017年4月 首都圏私学=東京・神奈川・千葉・埼玉の私立中高)の取引実績があり、年に数回、私立学校の生徒募集に関する会合を主催する学校教員専門の派遣会社です。

こんなタイプの人がおすすめ

  • 私立学校の教員採用についてイチからフォローしてほしい人
  • 既に非常勤講師で別の学校が決まっていて、空き曜日で指導をしたい人

首都圏の実績をみても学校教員専門の派遣会社として私立学校に信頼されている派遣会社です。履歴書や職務経歴書で見劣りする人でも登録者向けに条件と合う学校を提案してくれる派遣会社です。
派遣教員の出校日の時間割で不自然な空き授業(1限指導、2・3・4限が開きで5限指導)が無いように学校との交渉・制度設計がされていて、効率よく非常勤講師として収入を得たいという人にとってはおすすめの派遣会社です。


他の派遣会社に登録しているものの思っていたような求人の紹介が無く、他にも登録しようと考えているのであれば次に登録するのはこちらの会社がおすすめです。

アイティーチャーの評判

医学部受験予備校を母体とした教育系人材の派遣会社。学校教員の派遣も取り扱っていますが、学習塾や予備校の講師の派遣も取り扱っています。

こんなタイプの人がおすすめ

  • 派遣会社の登録会に行く時間が取れない人
  • 学校教員以外にも教育系の副業を探している人

他の派遣会社と異なり登録のために派遣会社に行く必要が無く、WEB登録後は電話によるキャリア相談がメインのため就業中の人や日中の時間を取れない人におすすめです。
私立学校の教員以外の求人の取り扱いも多く、希望すれば有名な予備校や学習塾での指導案件も紹介してもらえます。日中は非常勤講師として、夕方からは家の近くで学習塾の講師として掛け持ちで働くこともできますし、学校が休みの夏休み・冬休み・春休みの講習会のみ予備校で働くことも可能です。

コスモの評判

1988年から学校教員の求人、人材サービスを行っていた教員派遣のパイオニアです。求人数や取引実績などは公開していませんが、老舗のため私立学校でも認知度は高い教員の派遣会社となります。

こんなタイプの人がおすすめ

  • とにかく面倒なことは派遣会社に任せたい人
  • 就業が決まったら派遣会社のフォローも希望しない人

他の教員の派遣会社と比較すると派遣料金が非常にリーズナブルな設定となっているため、教員の派遣会社に費用面でのメリットを求めている学校は非常に長く取引をしています。実際に学校に就業が決定し、私立学校での指導を開始してからは派遣会社とのやりとりはほとんど無くなるため、自身で管理して仕事をしたい人におすすめです。
私立学校側に費用面でのメリットが大きいため、複数の派遣会社と競合していない案件もあるため、派遣会社から求人紹介を受けた場合のマッチング度は高いと思われます。

EMPSの評判

学校教員の派遣事業以外に学習塾・予備校の講師や専門学校の講師の求人も取り扱っています。母体の会社では家庭教師事業も行っているため希望すれば家庭教師の求人の紹介も受けられます。過去には教科書準拠教材の作成や大学受験の模擬試験の採点業務など在宅での仕事や1日・半日のみの仕事など学校教員や教育業界に携わっている人の様々な仕事の要望に応えられた派遣会社となります。

こんなタイプの人がおすすめ

  • 学校教員以外に教える仕事もやりたい人
  • 学生の間に学習塾や予備校で講師をやりたい人

私立学校の教員派遣以外にも専門学校・学習塾・予備校の講師など様々な求人を取り扱っていますし、家庭教師のお仕事の紹介もあるので、既に他の学校で非常勤講師として働いている人が掛け持ちで仕事をするのに適している派遣会社となります。
私立学校が複数の派遣会社に教員の派遣依頼をしていて、他の派遣会社から同じ学校での紹介があった場合、条件面の調整等に柔軟に対応してくれる丁寧な営業担当の方もいるので当たりの営業担当の方が付けば、非常に真摯に対応してもらえます。

教員採用.jpの評判

派遣免許の取得は後発ながら求人サイトとしては多くの求人を取り扱っている派遣会社。派遣事業についての評判は未知数ですが、求人は頻繁に更新されているので情報量としては非常に多いサイトです。

こんなタイプの人がおすすめ

  • 私立学校の教員の求人全般を見たい人
  • 非公開求人には興味が無く、学校のことを調べて指導をしたい人

私立学校の派遣事業は後発となりますが、教員の求人サイトとしての実績があり私立学校の求人サイトとして情報収集するのに最適です。
情報収集のための求人サイトとして派遣や紹介の求人では非公開とされている学校名等も掲載されているため学校研究をしてから履歴書の提出を決められます。

6社以外の評判・教員派遣の登録について

私立学校の教員派遣事業を行っている会社は比較・解説した6社以外にもありますが、求人数、私立学校からの知名度、派遣会社の営業力、登録するメリットなどが6社より大きくないため紹介していません。
自分のタイプでメインの派遣会社に登録して、2社目以降の登録は補完できる派遣会社に登録を検討しましょう。

Baru編集長

投稿者プロフィール

私立学校人事コンサルタントとして主に首都圏の私立学校の教員採用業務のサポートを担当。延べ5,000人以上の現役教員・教員志望者と面談を行う。担当校で「教職員の業務効率化と分業化」を提案し、教員の募集・選考・採用後の研修業務を担当。学校初の東大合格者を輩出。その後、新設する私立高校の教員採用プロジェクトに学外から唯一の参画。大手教育系企業の新規事業での社員採用プロジェクトにも参画。

この著者の最新の記事

ページ上部へ戻る