【教員の卵必見】初任給・ボーナスの実態とは?データを元に解説

これから教員になる方や新任教員にとっては、お金のことも気になりますよね。私自身も学生時代、「教員も公務員だけど一般企業と比べて初任給はどれくらいもらえるの?」「ボーナスっていつもらえるの?」といった疑問を感じていました。

そこでこの記事では、教員の初任給やボーナスについて解説します。

教員の初任給

令和2年度の「地方公務員給与の実態」によると、小・中学校教諭の初任給(大学卒)の平均は「209,760円」で、高等学校教諭の初任給(大学卒)の平均は「209,797円」であることが分かります。

この初任給に加え、勤務地域によって地域手当が加算されます。地域手当とは、都市部など物価の高い地域に勤務する教員に対して支給される手当です。都市部とそれ以外の地域の物価の差額を補填しています。

他にも住居手当や扶養手当など、人それぞれによって加算される内容は様々です。

参照:地方公務員給与の実態

地方自治体別初任給

教員は地方自治体に雇われますので、自分が勤めている地方自治体によって初任給・給料が変わります。

そこで地方自治体ごとの初任給を表にしました。

先述したように、人それぞれ手当が異なりますので、あくまで参考程度にご覧ください。

都道府県小・中学校教諭(大学卒)小・中学校教諭(短大卒)高等学校教諭(大学卒)高等学校教諭(短大卒)
北海道204,000円180,000円204,000円177,400円
札幌市202,300円178,100円202,300円175,500円
青森県204,000円180,000円204,000円177,400円
岩手県205,800円181,600円205,800円178,900円
宮城県211,900円189,600円211,900円186,700円
仙台市207,500円186,700円207,500円184,200円
秋田県203,675円179,311円203,675円176,693円
山形県207,400円182,600円207,400円179,800円
福島県215,400円192,600円215,400円189,500円
茨城県210,800円188,600円210,800円185,700円
栃木県210,800円188,600円210,800円185,700円
群馬県209,000円183,500円209,000円183,500円
埼玉県214,111円191,562円214,111円188,617円
さいたま市210,800円188,600円210,800円185,700円
千葉県211,300円189,100円211,300円189,100円
千葉市210,300円188,100円210,300円188,100円
東京都197,300円180,400円197,300円180,400円
神奈川県204,000円180,000円204,000円180,000円
横浜市205,700円184,600円205,700円184,600円
川崎市207,200円185,000円202,300円183,000円
相模原市209,400円187,200円
新潟県210,800円188,600円210,800円185,700円
新潟市210,800円185,700円210,800円185,700円
富山県210,800円188,600円210,800円185,700円
石川県204,500円180,400円204,500円177,800円
福井県210,800円188,600円210,800円185,700円
山梨県212,381円190,014円212,381円187,092円
長野県215,200円192,500円215,200円189,500円
岐阜県214,800円189,200円214,800円192,200円
静岡県214,784円192,164円214,784円189,209円
静岡市210,800円188,600円205,500円
浜松市214,636円192,032円214,636円189,079円
愛知県215,900円193,100円215,900円185,900円
名古屋市207,000円183,800円207,000円183,800円
三重県210,600円188,200円210,600円185,500円
滋賀県213,783円191,269円213,783円188,328円
京都府213,300円190,800円213,300円187,900円
京都市210,600円210,600円
大阪府209,100円187,000円209,100円184,400円
大阪市195,900円174,500円195,900円172,300円
堺市203,600円181,100円203,600円185,700円
兵庫県210,800円188,600円210,800円185,700円
神戸市208,500円186,100円206,200円171,800円
奈良県210,800円188,600円210,800円185,700円
和歌山県210,800円188,600円210,800円185,700円
鳥取県208,100円185,600円208,100円182,800円
島根県205,142円181,008円205,142円178,393円
岡山県216,600円189,700円216,600円186,700円
岡山市216,600円189,700円216,600円186,700円
広島県213,641円191,153円213,641円188,215円
広島市207,500円185,000円198,500円180,900円
山口県210,800円188,600円210,800円185,700円
徳島県210,800円188,600円210,800円185,700円
香川県210,800円188,600円210,800円185,700円
愛媛県211,854円189,543円211,854円186,628円
高知県207,900円185,400円207,900円182,800円
福岡県210,500円188,300円210,500円185,400円
北九州市210,800円188,600円214,100円194,700円
福岡市210,500円188,300円210,500円185,400円
佐賀県205,000円180,600円205,000円177,900円
長崎県204,000円180,000円204,000円177,400円
熊本県210,800円210,800円
熊本市210,800円188,600円210,800円185,700円
大分県210,800円188,600円210,800円185,700円
宮崎県204,000円180,000円204,000円177,400円
鹿児島県202,900円180,500円204,600円177,900円
沖縄県204,000円180,000円204,000円177,400円
参考:地方公務員給与の実態

同年代の他職種との比較

次に、他職種との比較をしていきましょう。

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、大卒の初任給の平均は「225,400円」となっています。

さらに、企業の規模別に20〜24歳の給料を見ると、

  • 大企業➡222,200円
  • 中企業➡210,700円
  • 小企業➡203,800円

になっていることが分かります。

参考:賃金構造基本統計調査

つまり、小・中学校教諭の初任給(大学卒)の平均である「209,760円」は企業的に見ると少し少ないです。

ただ、これはあくまで平均の結果であり、一概に教員の初任給が少ないとは言えません。

次に、職種別に平均初任給を見ていきます。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況」によると、主な産業別の初任給を見ると下記の表のようになります。

建設業216,700円
製造業206,600円
情報通信業218,100円
運輸業、郵便業201,500円
卸売業、小売業211,000円
金融業、保険業207,300円
学術研究、専門・技術サービス業227,200円
宿泊業、飲食サービス業200,800円
教育、学習支援業209,400円
医療、福祉206,900円
サービス業(他に分類されないもの)205,300円
参考:令和元年賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況

この表を見ると、教員の初任給は平均的であると言えますよね。大企業に勤める方に比べるとやはり教員の初任給は見劣りしますが、それ以外の企業勤めの方と比べるとさほど大差はありません。

教員の経験年数別の平均給料

教員は経験年数によって仕事量が増えますが、その分給料はアップします。どういった状況下でもこの昇給があるところが「教員は安定職」と呼ばれる所以です。

それでは、どのように昇給するのか経験年数別の平均給料を見ていきましょう。

区分小・中学校教諭(大卒)高等学校教諭(大卒)
1年未満219,666円221,604円
1年以上2年未満226,098円227,911円
2年以上3年未満233,935円234,978円
3年以上5年未満249,009円250,751円
5年以上7年未満279,864円272,473円
7年以上10年未満295,350円296,587円
10年以上15年未満333,622円333,345円
15年以上20年未満375,107円377,244円
20年以上25年未満402,228円409,745円
25年以上30年未満419,882円428,300円
30年以上35年未満429,377円437,308円
35年以上432,967円440,042円
参考:職種別,経験年数別,学歴別職員数及び平均給料月額

教員のボーナスの実態

ボーナスとは、期末手当と勤勉手当を合わせた名称です。期末手当は在職期間に応じて支給され、勤勉手当は勤務成績に応じて支給されます。

教員は年に2回、「6月30日頃」「12月10日頃」にこのボーナスを支給されます。

計算方法は下記の通りです。

  • 期末手当=基礎学×支給割合×在職期間割合
  • 勤勉手当=基礎学×期間率×成績率

期末手当は在職期間割合が関係しているため、初任者の6月のボーナスは在籍期間が短く、ボーナスは少なめです。

公立・私立学校による違い

公立学校の場合、校種によって多少の違いはありますが、計算式は一緒なのでボーナスは殆ど変わりません。一方、私立学校の場合、学校ごとにボーナスの計算式があります。そのため、公立学校のボーナスよりも多いこともあれば、少ないこともあるでしょう。

さらに、私立学校は学校の経営状態によってボーナスが変動します。公立学校よりもボーナスが多いという理由で私立学校を選んでも、大幅に減少することもあるので注意が必要です。

公立教員の初任給やボーナスは企業勤めと比べて平均的

公立教員の初任給は他職種の企業勤めと比べて平均的です。1年目からボーナスも支給され、地域手当や扶養手当などの手当も充実しています。

教員の仕事は、やりがいが重視され、お金について知ることを嫌煙されている一面があります。しかし、お金について知ることは社会人にとって重要です。

教員を目指している方は、この記事を参考にしてお金についての知識も蓄えましょう。また、教員の方も将来の給料などを把握することでモチベーションアップに繋がりますよ。

関連記事

オススメの記事

  1. 教員いじめについてのニュースは、若手教員や教員志望者に大きな不安を与えています。今回は若手教員や教…
  2. 教員には「私立」と「公立」で違いがあります。私立教員と公立教員の異なっている部分についてはこちらの…
  3. 教育実習は、教員になることを目指す人ならば、必ず通らなければいけない道です。期待と共に、「うまく授…
ページ上部へ戻る